TOP > 皮膚科で行われるシミ治療の種類

皮膚科で行われるシミ治療の種類

顔に出来るシミで悩んでいる人は多くいます。

そもそもの原因は、メラニンという色素が肌に沈着するからです。


メラニンは本来肌を守る役割を果たしますが、メラニンを作り出すメラノサイトが刺激を受け活性化すると、メラニンが過剰に分泌され肌のターンオーバーが追い付かなくなり、結果として色素沈着を起こしてしまうのです。
メラノサイトを活性化する要因には、紫外線や活性酸素の他、ストレスや飲酒喫煙などの生活習慣が挙げられます。


シミは地道なスキンケアも大切ですが、皮膚科を受診するのも選択肢の一つです。

皮膚科でまず行われるのが、外用薬や内服薬を用いた治療です。


外用薬は漂白作用があるものや皮膚のターンオーバーを促進し、メラニンを排出するものを使います。
内服薬はメラノサイト活性因子をブロックするトランサミンや、色素沈着を緩和するビタミンCなどがよく処方されます。
皮膚科のシミ取りでまず思い浮かぶのがレーザー治療です。

梅田のくすみ技術のご紹介です。

現在最も即効性のある治療の一つと言われています。

これだけは知っておきたい梅田のシミ取り治療の情報を得られます。

使われるレーザーにはいろいろな種類があり、医師が診察の上で患者のシミに適した治療を選択します。



一般的な紫外線が原因のものにつかわれるのがQスイッチルビーレーザーやYAGレーザーです。

特定の色素にのみ反応し、周囲の細胞にダメージを与えることなくメラニン色素を除去します。
レーザー治療には、レーザーの熱を使って肌の古い角質を除去するレーザーピーリングと呼ばれるものもあります。